残業から見える能力算定になります

“同じ、業種でもその就業する会社によって、残業の時間規定は違うものです。
人によっては、同系列の会社や工場に期間限定で派遣されたり、
サポートという形で職場が変わることがあります。
その派遣された職場ので、就業規定をちゃんと知っておかないと
自分ではちゃんと規定を守っているつもりでも、残業の始まる時間が違ったり、
残業にはならない時間帯等のも変わります。
そ残業として認識してないような時間が残業になってしまい、
逆に1ヶ月の残業時間が規定オーバーになってしまい、
結局はサービス残業にもなってしまいます。
残業を毎日1時間程度するのは当たり前というような職場でも、
実は年間を通しての就業時間で調整していたりもします。
残業代はすべて会社が支払ってくれると考えるのは
甘い話で、残業の時間の規定もあるのも事実です。
言っていの規定時間内に、仕事を終わらせる事が出来ないという事は、
普通の職場では、能力としての程度が低く評価される事もあります。
生産ラインの増産というような、立場ならいざ知らず
それ以外の会社での残業理由をいちいち、考慮する人事はいません。
残業は、することで収入が上がるとも考えがちですが、
職場によっては残業が多いことで、仕事の処理能力の
査定にもなるという事も、覚えておかなければなりません。”

Comments are closed.